ドッグフードについて

By 管理人 / On

2009年にペットフードの安全基準に関する規制をした法律ができましたが、この法律は、原材料について触れてはいますが、添加物に関する制限については触れられていないのです。そういったところであっても、ペットフードを選ぶ時は、飼い主が責任をもって成分表示等をチェックしなければならないことが分かります。では、安全なドッグフードにはどのような物があるのでしょうか。

まずは、できるだけ添加物が含まれていない物を選びましょう。選ぶ基準としては「自分が食べても問題ない」成分を使用している物だとなお良いでしょう。また、穀物を使っていないドッグフードの方が、栄養価が高いものといえます。成分表示に「トウモロコシ」「小麦」等と書いている物は避けた方が良いです。なぜかというと、穀物をドッグフードに使うのは、かさ増しのためです。

ドッグフードは肉類をメインとした物がほとんどですが、このような商品は栄養価が低いので、安いからといってすぐ購入しないようにしましょう。また、このように吟味して買ったドッグフードの中でも、飼い犬が喜んで食べる物を継続して与えるようにしましょう。犬にも味の好みがあり、好みではない味のペットフードは残してしまいます。せっかく選んだものでも食べてもらえなければ意味がなく、病気にもなりやすくなりますので、できるだけ継続して食べてくれるドッグフードを選びましょう。