キャットフードについて

By 管理人 / On

ドッグフードとキャットフードを比べて、どのような点が違うのかご存じでしょうか。先ほどご紹介したとおり、ドッグフードは肉類をメインとしたものが多いですが、キャットフードは魚類をメインとしたものが多くなります。また、キャットフードはドッグフードに比べると、たんぱく質や脂肪も高い値で含まれ、塩分も多めです。

ただ、一番の違いは「タウリン」という成分を多く含んでいるというところです。「タウリン」とは、目の健康を維持するのに大変重要な役割を果たす成分なのですが、猫はこの成分を体内でつくる事ができないのです。そこで、キャットフードでは、「タウリン」を多く含む製品が多く、猫の足りない栄養を補う役割を果たしているのです。キャットフードには、猫が生成できない成分や必要な栄養を補うためのものがたくさん含まれています。

しかし、同じ動物だからということで、ドッグフードを与え続けてしまうと、猫は栄養失調になってしまうと言われています。もちろん、逆に犬にキャットフードを与えてしまった場合も同様で、今度は犬が栄養過多になってしまう可能性があるのです。ドッグフードもキャットフードも、それぞれの動物の個性に合わせ、研究された成分が配合されていますので、きちんとそれぞれに合ったものを食べさせてあげたいですね。