ドッグフードを選ぶ

By 管理人 / On

ペットとはいえ、生活を共にしている犬や猫は、家族も同然の存在です。大切なペットのために、きちんとした餌を食べさせてあげたいという思いは当然のことでしょう。ただし、皆さんは大事なペットのための餌を選ぶ際、どのようなことをポイントに選んでいますか?栄養価や素材等、着眼点はさまざまだと思います。まずは、ドッグフードの選び方について解説します。

まず、気をつけなければならない点は、有害な成分が含まれていないかということです。海外ではメラミンという成分が混入したドッグフードを食べた多数の犬が亡くなってしまった事件もありました。ドッグフードを買う際には、必ず成分表示を確認し、有害な物質が入っていないかチェックしましょう。さらに、気をつけなければならないのは、自分の飼っている犬にとって栄養・カロリーが足りているか確認するという点です。一口に「犬」といっても、ハスキー犬もいればチワワもいます。飼い犬の特徴や性質をよく理解し、それぞれの犬種に必要な栄養成分を含んだドッグフードを選んで与えるようにしましょう。

また、意外と注意が必要なのが賞味期限です。必ず賞味期限内の物であることを確認してから与え、開封後は早めに使いきるようにしましょう。だからといって、賞味期限が長すぎる物は注意が必要です。そのようなものには、防腐剤や保存料等の添加物が多く含まれている可能性が高いです。そのような商品は、大切なペットの体に良くありませんので、購入を避けるようにしましょう。

キャットフードについて

By 管理人 / On

ドッグフードとキャットフードを比べて、どのような点が違うのかご存じでしょうか。先ほどご紹介したとおり、ドッグフードは肉類をメインとしたものが多いですが、キャットフードは魚類をメインとしたものが多くなります。また、キャットフードはドッグフードに比べると、たんぱく質や脂肪も高い値で含まれ、塩分も多めです。

ただ、一番の違いは「タウリン」という成分を多く含んでいるというところです。「タウリン」とは、目の健康を維持するのに大変重要な役割を果たす成分なのですが、猫はこの成分を体内でつくる事ができないのです。そこで、キャットフードでは、「タウリン」を多く含む製品が多く、猫の足りない栄養を補う役割を果たしているのです。キャットフードには、猫が生成できない成分や必要な栄養を補うためのものがたくさん含まれています。

しかし、同じ動物だからということで、ドッグフードを与え続けてしまうと、猫は栄養失調になってしまうと言われています。もちろん、逆に犬にキャットフードを与えてしまった場合も同様で、今度は犬が栄養過多になってしまう可能性があるのです。ドッグフードもキャットフードも、それぞれの動物の個性に合わせ、研究された成分が配合されていますので、きちんとそれぞれに合ったものを食べさせてあげたいですね。

ドッグフードについて

By 管理人 / On

2009年にペットフードの安全基準に関する規制をした法律ができましたが、この法律は、原材料について触れてはいますが、添加物に関する制限については触れられていないのです。そういったところであっても、ペットフードを選ぶ時は、飼い主が責任をもって成分表示等をチェックしなければならないことが分かります。では、安全なドッグフードにはどのような物があるのでしょうか。

まずは、できるだけ添加物が含まれていない物を選びましょう。選ぶ基準としては「自分が食べても問題ない」成分を使用している物だとなお良いでしょう。また、穀物を使っていないドッグフードの方が、栄養価が高いものといえます。成分表示に「トウモロコシ」「小麦」等と書いている物は避けた方が良いです。なぜかというと、穀物をドッグフードに使うのは、かさ増しのためです。

ドッグフードは肉類をメインとした物がほとんどですが、このような商品は栄養価が低いので、安いからといってすぐ購入しないようにしましょう。また、このように吟味して買ったドッグフードの中でも、飼い犬が喜んで食べる物を継続して与えるようにしましょう。犬にも味の好みがあり、好みではない味のペットフードは残してしまいます。せっかく選んだものでも食べてもらえなければ意味がなく、病気にもなりやすくなりますので、できるだけ継続して食べてくれるドッグフードを選びましょう。